2020/07/26 23:46

前回の記事では、愛に基づく団体「Lemuria」を創ってしまおうというお話をしました。


今回は、愛を広げる、その具体的な方法についてお話していきます。

まずは、愛ってどんな時に生まれるのでしょうか。


1、愛が生まれるとき

そもそも、愛とは、他人に強要される感情ではありません。

むしろ、素敵なモノゴトに触れた時に感じる、自然発生的な情緒です。

例えば、電車の中吊りでしばしば見かけるような、「席を譲り合いましょう」「マナーを守りましょう」という標語。

これはエゴです。

なぜなら、席を譲るか、マナーを守るかは、当人の自由だからです。

毎朝嫌々会社に行く人が、快く席を譲れるでしょうか? マナーを気にする余裕があるでしょうか?

他人の目を気にして規範に従うことはあるかもしれませんが、自律的な行動ではありませんから、精神的には閉塞感が残ります。

表面的な部分をルールで縛っても、ハートは嫌がっていますから、本質的な解決策ではありません。

反対に、自分が気分のいい時(愛を感じている時)には、お年寄りに自分から席を譲りませんか?

そしてそのお年寄りが、「ありがとう」と笑顔になった時、

その車両の空気も穏やかなものになりませんか?

私達はこれを「愛」と呼びます。

その他にも、大好きな音楽に触れながら、素敵なホテルで、心豊かにお茶を楽しんでいるとき。

店員さん感謝し、この空間を提供してくれた方に、敬意を持って「ありがとう」と言いたくなるのではないでしょうか。

自分の中に「愛」を感じるのではないでしょうか。

このように、愛は他人から律されて生まれるものではなく、ハートが喜んだ時に自然に生じるものなのです。

続く。。。